人気ブログランキング |

杢の抄@ニセコ昆布温泉

c0024729_20310090.jpg
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄(もくのしょう)




北海道は元気です!
地震により落ち込んだ観光客を
なんとか呼び込もうと始まった
「ふっこう割」
1度目の募集の時に、目ざとく獲得しました。
2人で2万円割引です。

・・というわけで、選んだ行先は
北海道で人気のある鶴雅リゾートの高級ラインのひとつ
「杢の抄」(もくのしょう)

「グラスを傾けながら、大人の時間」
「ゆったりと大人の時間が流れる、
ニセコの森の夜長です。」
リーフレットにはそんな言葉。

c0024729_20311132.jpg
車は玄関前に乗り付け、
係員が引き継いでくれるというバレーパーキングです。
館内は旅館らしく靴を脱ぎ、
スリッパなしで歩くことができます。
チェックインはロビーラウンジで、
お茶をいただきながら。
スタッフの皆さんもとても丁寧な対応です。

c0024729_20311496.jpg
BGMはアナログなレコードプレーヤー・・
立派なスピーカーが雰囲気を出しています。

客室は、露天風呂付きがすでに満室だったので
普通の和洋室を予約しました。

c0024729_20331231.jpg
c0024729_20330913.jpg
一部屋がリビングで、もう一部屋が寝室です。

温泉は、露天風呂付きの部屋が多いので、
利用している人が少なく、
ほぼ貸切状態でした。
温泉の質も私には心地よくとても快適でした。

宿泊料金は「オールインクルーシブ」制をとっており、
アルコールなども料金に含まれています。
「気兼ねない滞在時間をお過ごしいただけるよう、
ご夕食時やラウンジ、バーのお飲物は
無料でお愉しみいただけます。」
私たちにとってはうれしいシステムです。


・・ところで、こちらの温泉旅館を
ブログでどのように書いたらいいのか
かなり悩みました。
ネット上での評価の大体は、
とても素晴らしいというもので、
それはそうだと思うのです。
が・・・

個人的な事前の情報として、
北海道で人気のある鶴雅リゾートの
「高級ライン」ということで、
とても期待して出かけました。
「高級旅館」と思っていたので、
そうすると、多少の違和感があったわけです。

スタッフのみなさんは丁寧ですが、
裏にマニュアルが見えています。
説明をこなすような感じで、
人に応じて会話を広げようとする雰囲気
ではありません。

オールインクルーシブも、
確かに酒飲みの庶民としてはうれしいですが、
注文を取ったり、運んだり、
会計伝票を管理するのが不要になる
手間の軽減システムなのねと。
ラウンジに集中させているので、
補充や管理も簡略化されています。
部屋の冷蔵庫に飲み物を
入れてあるわけではありません。

弊害として?
宿泊客の多数がラウンジに集結し、
週末でほぼ満室でしたから
「大人の」や「落ち着いた」雰囲気ではなく
賑わった活気のある、
やや騒がしいラウンジになっていました。

c0024729_20310551.jpg

食事も時間が決められ、
ほぼ満室の週末では2部制になっており、
食事の品数が多いこともあり、
食事のペースにかかわらず、
どんどんサーブされていました。

料金以外のアルコールもあるはずですが、
それを頼むのはありえないこと?なのか
説明も、おすすめもされませんでした。

施設関係では、
客室は、元々の温泉旅館を
二部屋抜いたのね~という作りで、
確かにきれいではありましたが、
余り高級感がありません。
ロビーや客室にも「生花」がほとんどなく、
手のかからない「雰囲気のある調度家具」などが
飾られていました。

夕食の場所も、
安いカテゴリーの私たちは、
当然のように個室ではなくレストランで、
テーブルの大きさはそれなりですが、
天井照明が明るく、
写真撮影には便利ですが、
雰囲気という点では今一つでした。

温泉のタオルやアメニティも普通で、
客室に置いてあるマッサージチェアも
まあ、便利で楽ですが・・。

「高級」ホテルや温泉は
「人件費」と思っている私なので、
普通、気が付かないところに、
実はお金がかかっていて、
それが深みを出しているものですが、
こちらでは、SNSなどで目立つような
わかりやすいところを重視して
微妙なところは、こういうところで削減しても、
高級そうな感じになるのね〜と。
マニュアル通りに過ごしていれば快適ですが、
おそらく別にお金を払っても、
その場で、特別のサービスに対応できるだけの
システムにはなっていない雰囲気です。

変に深読みの嫌な客でごめんなさい。

もっとも、本当に「高級」を望むのであれば、
考えてみると、この程度、
1泊一人4万円弱くらいで期待する方が悪いのですよね。
「庶民」が「高級風」を楽しむ旅館
ということであれば、
そのカテゴリーでは満足しています。

それにしても、わからないのが、
9時過ぎのバーカウンターに
祖母らしき人と小学生が座っていたこと。
更に「カクテル」を飲んでいました。

もちろんノンアルコールのカクテルなのでしょうが、
パンフレットの
「グラスを傾けながら、大人の時間」
「ゆったりと大人の時間が流れる、
ニセコの森の夜長です。」
・・は!?
館内飲み放題システムであっても、
せめてカウンターに小学生はやめてほしかったです。


by tamachan_club | 2018-10-21 10:39 | 旅行 | Comments(0)


ハワイ島が大好きです。旅行とコストコのメモ。そして、時々、北海道の日常を。


by TAMA

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

徒然卵
コストコ
旅行
ランチ
ハワイアンレシピ
北海道産
HPの卵
HB

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

** リンク **

お気に入りブログ

 ハワイ島 ランチのレストラン
キラウエア週末ガイド
TAMA流ハワイ島案内
札幌で白磁に簡単絵付け ...
アメリカからニュージーランドへ
Lealea Trave...

最新のコメント

> えるさん コメント..
by tamachan_club at 16:02
メルボルン記事、参考にな..
by lealeadays at 10:45
> ぽちょこさん ワイ..
by tamachan_club at 07:31
フム・・・。 買いに行..
by ぽちょこ at 13:17
> ぽちょこさん そん..
by tamachan_club at 22:26
そうでしたかー、ワイメア..
by ぽちょこ at 21:29
> ぽちょこさん コメ..
by tamachan_club at 20:34
さすが料理上手のTAMA..
by ぽちょこ at 21:20
> javeさん 月餅..
by tamachan_club at 21:36
何度もすみません! 美..
by jave at 09:39

検索

タグ

(1494)
(1001)
(777)
(611)
(436)
(313)
(275)
(255)
(244)
(146)
(135)
(134)
(132)
(116)
(108)
(72)
(71)
(34)
(31)
(30)
(28)
(26)
(21)
(17)
(16)
(14)
(14)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
北海道

画像一覧